婦人

コスメで悩みを解消しましょう|ハイドロキノンが人気

ニキビが治った後

女性

赤みのあるニキビ跡を改善するには、ビタミンC誘導体が配合された化粧水を使うのが基本になります。さらに、効果を高めるには、ビタミンCイオン導入を行うようにしましょう。もちろん、健康的な生活に改善することも大事です。

シミの悩みに適したコスメ

基礎化粧品

正しく使ってシミ対策

肌のシミはメラニン色素の影響により生じますが、ハイドロキノンはその色素を生み出すメラノサイトの活動を抑えるなど、メラニン色素の抑制作用を持つことが特徴です。そのためハイドロキノンを配合するコスメを使うことで、シミの改善が期待できます。主に色素沈着などのシミ対策として用いられるハイドロキノンですが、そのほかにもソバカスやニキビ跡のケアなどでも使われています。ですがハイドロキノンは優れた効果を望めるぶん、それが反作用として表れる場合もあるため、正しく使うことが何よりも重要です。そこで、ハイドロキノンのコスメを初めて使用する時は、必ずパッチテストを行うようにしましょう。やわらかな皮膚の目立たない所にハイドロキノンのコスメを塗り、その上から絆創膏など貼って、翌日に赤みなどの症状が出ていないかチェックします。パッチテストでトラブルが認められない場合は塗布できますが、その際はシミの部分にだけ塗りましょう。ハイドロキノンは色素を抑える特性から、通常の皮膚に用いますと、白斑と言われる肌の脱色を招く可能性があります。ですからハイドロキノンは、シミのない部分には塗らないことが大切です。一方、メラニン色素はシミの原因でもありますが、紫外線から皮膚を守る役目も持っています。しかしハイドロキノンを使うことでその防御能力が期待できなくなりますので、塗布部分が日光に当たらないように工夫することがポイントです。そのため出掛ける際は日焼け止めを塗るなど、何らかの対策を必ず行いましょう。また、ハイドロキノンは夜間だけ使うという方法もあります。

新感覚のクレンジング剤

頬を触る女性

ホットクレンジングは温感作用でメイクを洗い流しやすくします。また肌を柔らかくして保湿剤の浸透を良くし、毛穴の汚れも綺麗にします。適量を正しく使用する事で、肌に優しいためより効果的にメイクを落とすことができます。

最適な修正方法は

スキンケア

ニキビ跡に対処したければ赤みやシミ、クレータータイプなど状態別にケアしていくことがポイントです。放置しておくと悪化しかねないのでタイプ別にあったケアを早めにしていきましょう。自宅でも化粧水やピーリングなどで毎日ケアしていけばニキビ跡は薄くすることができます。