女の人

コスメで悩みを解消しましょう|ハイドロキノンが人気

最適な修正方法は

スキンケア

対策は状態を見て決める

ニキビ跡で肌がボコボコと盛り上がっていたら要注意です。次のニキビがまた跡の上にできている可能性があります。この場合、ニキビ跡のケアも必要ですがまず新しいニキビをなくすことが大切です。ニキビケア用品を使用して炎症を抑えましょう。そして治った後にクレーター状になってしまった部分はピーリングを使ってお肌を修正します。陥没をなくすために皮膚の再生を促さなければならないので、ピーリングは必須事項です。ただし、やりすぎは禁物です。一週間に一度程度で十分です。一回でニキビ跡が治るとは思わず、何回かやっていき長期間かけて修正していきます。また、レーザー治療をするなど美容クリニックに通うのも手です。自分でケアするよりも安全確実、短期間で皮膚を再生できます。ほくろにも似たシミになってしまった人は色素沈着を起こしています。これは放置しておくとますます紫外線を浴びて濃くなっていってしまいます。早め早めの角質ケアや美白化粧水でのケアをしておいてください。これもピーリングをすると早く取り除くことができます。ニキビ跡が赤くなってしまっている人は炎症を抑えてくれる成分が配合されている化粧水を使用します。炎症を抑えてくれるのはビタミンC誘導体です。お肌を修正してくれる働きも期待できるので、なかなか治らないニキビとともに赤みがあったらこのタイプの化粧水で毎日ケアしていきましょう。とにかく肌を落ち着かせることが大切です。刺激しないよう、汚れた手でベタベタと触らない、薬の重ね塗りなどをしないことも大切です。